今年度の陳情について

2019年度 陳情署名運動

陳情の取り組み

全教互では長年にわたり社会保障の充実を求めてまいりました。
2019年度も「国民が安心して暮らせるための社会保障制度の確立等を求める陳情署名」を実施いたします。

署名運動の推進

  1. 署名用紙について
    (1)署名用紙は現・退同一です。不足の場合は両面コピーで増刷等をお願いします。
    (2)署名用紙を各団体で印刷する場合は、文面の変更はしないでください。裏面の署名人数欄の変更は可能です。
    (3)署名用紙は全教互事務局や公立学校共済組合等の組織ではなく、必ず自身の所属互助団体あてに送るよう会員に周知してください。
    (4)住所は「同上」「〃」は使わずに、すべてを署名するよう会員に周知してください。
    (5)署名用紙は、一括して表紙を付けて紐で綴じ、全教互事務局へ送付してください。なお、以下の注意事項をよくご確認ください(表紙は8月頃送付)。
     ①議員名・団体名・代表者名とその捺印・綴りごとの署名者数及び各団体で集めた総数を記入してください。
     ②日付は、陳情日が確定してから全教互事務局で記入するので、空欄のままにしてください。
     ③【全国教職員互助団体協議会署名者総数】は記入しないでください。
     ④集計のために付けた付箋やメモ、クリップ等は外してお送りください。

  2. 運動期間
    (1)原則、例年4月から9月下旬までとします。
    (2)署名用紙は10月下旬までに全教互事務局への送付をお願いします。署名用紙の送付期限日は、表紙送付時にお知らせします(8月頃)。

  3. 署名運動にあたって
    (1)署名内容が現職・退職会員共通の事項となっていますので、現・退一体の取り組みにご協力ください。
    (2)100万人署名の目標に向けて可能な限り多数の署名をお願いいたします。広報等による呼びかけをお願いいたします。

  4. 陳情行動について
    国会の情勢等に対応して、最も効果的な期日を選定しますが、全国動員陳情日については、別途ご案内いたします(11月中旬予定)。

コメントは受け付けていません。